お葬式の際の服装

お葬式に列席する場合の服装には十分な配慮が必要になります。一般的には喪服であれば問題ありませんが、喪服でなくでもお葬式に列席することが可能です。そのため、急な葬儀の際に喪服を持っていないからという理由で葬儀に列席することができないということにはなりません。地味な服装であれば喪服の代わりに着用することができます。重要なことは故人に対する哀悼の気持ちを表すことであるので、地味な服装にその意味が込められているのであれば全く問題になりません。遺族以外の方は必ずしも喪服でなくてもいいということをしっかりと理解しておくようにすると良いでしょう。

地味な服装の目安ですが、男性の場合には地味なスーツと黒系のネクタイが標準的なものです。もちろん、靴も黒系のものを選ぶことが必要です。女性の場合も基本的に黒を基調としたスーツまたはワンピースを着用するようにするといいでしょう。靴は黒系のものにして、アクセサリーはつけないのが慣例ですが、パール系のネックレスなどは問題ないと考えられます。いうまでもありませんが、家族の気持ちを察して派手な色の服装や靴などは控えるようにすることが肝要です。

喪服であれば基本的には無難ですので、それほど気にすることなくお葬式に列席することができます。しかし、家族の気持ちを十分に理解して、接し方についても十分な配慮をしておくようにすることが肝要です。服装と気持ちが融合していれば哀悼の気持ちを十分に遺族の方に伝えることができるはずです。