お葬式の際のお香典

お葬式に列席する場合には故人の霊の供養の気持ちを込めて香典を渡すことが一般的なルールとなっています。香典袋の表書きは宗教によって異なっています。仏教スタイルですと御香典や御香料と書くのが一般的ですが、キリスト教スタイルですと、お花料と書くのが一般的です。神道の場合には御神前や御玉串料と書きます。しかしながら、故人のご家族がどのようなスタイルのお葬式をするのかわからない場合には御霊前と書いておけばいいでしょう。必ず楷書を用いて書くことが必要ですし、名前は必ず楷書で、更にはフルネームで記載することが必要です。連名にする場合には3名までであれば問題ありませんが、それ以上の場合には代表者の名前と一緒に一同と表書きをすると良いでしょう。

香典の中袋には金額と名前を記載するようにすると良いでしょう。これは必ずしもしなくてもいいのですが、後から、香典の整理をする時に役に立つので、忘れずに書いておくようにしたいものです。香典に包む金額ですが、仕事関係の付き合いの場合には3000円、会社の同僚や上司の場合には5000円、親戚には10000円を目安にするといいでしょう。もっとも、相手の社会的な立場を十分に理解して香典の額を決めていくようにすることも必要です。

香典には新札を使わないことがマナーとなっています。やむをえず新札を使う場合には、縦方向に一旦折り目を入れてから、香典袋に入れるようにすることが必要です。香典を渡す際には無言ではなく必ずお悔やみの言葉を添えて渡すようにするといいでしょう。香典を渡す場合には香典袋を袱紗から取り出して渡すこともマナーとなっています。