お葬式の際のお悔やみの言葉

お葬式の際に遺族の方にお伝えするお悔やみの言葉には一定のルールがあるので、そのルールに沿って遺族の方に失礼にならないようにすることが求められます。遺族の方は家族を失うことによって大きな悲しみに打ちひしがれています。ですからその気持ちに対して十分に配慮した言葉を遺族に伝えることが必要になります。遺族に対して色々と言葉を掛けたいという気持ちも理解できますが、遺族は多くの場合においてかなり疲れているので、適度な言葉を伝える程度で済ませておくと良いでしょう。また、遺族に対して故人の死因を尋ねることは控えるようにした方がいいでしょう。更にはお悔やみの言葉は、例えばキリスト教の考え方ですと悲しいお別れではなくて故人が神の元に召されるということを意味しているので、個人の安らかな永眠を願う気持ちを伝えるようにするといいでしょう。

お悔やみの言葉は、葬儀の受付の場面に伝えるようにすることがおすすめです。また、通夜ふるまいから退席する場合にもお悔やみの言葉を述べてから退席するようにするといいでしょう。さらに、葬儀に参加できずに後から遺族の元に訪れる場合には、お悔やみの言葉に加えて、お葬式に参加できなかったお詫びをするようにすることも必要ですので忘れないようにしなくてはいけません。

更には、不幸が重なることを意味する言葉を伝えることは避けることも必要です。また、死をイメージさせる言葉を直接に言うこともさけるべきなので、他の言葉に置き換えてお悔やみの気持ちを伝えるようにするといいでしょう。